みんな大好き洗足池で憩いのひと時を

久しぶりの更新となってしまいました。年の瀬で皆様お忙しいでしょうがそんな時ほど気持ちに余裕を持ちたいものです・・・今回はそんな時にちょうど良いスポットを。

洗足池

三正ハウジング最寄の池上線石川台からお隣の駅、といっても歩けちゃう距離ですが、洗足池をご紹介します。
既に良くご存知の方も多いかと思いますが、やはり地元密着ですから地元の見どころはひととおりやっておきませんとね。

東急池上線「洗足池」駅を出ると目の前の大通り(仲原街道)のすぐ向こうに大きな美しい池が見えます。
洗足池は若いカップルから家族や高齢者の方まで広い世代で人気のあるスポットで、池の北側に広がる緑豊かな洗足池公園は、地域の方にも憩いの場になっています。

洗足池の周囲は、約1.2キロあり東京都の中では屈指の大きさ。
水源は湧水で、もともとは農家が作物を洗う場所として利用されていました。

『洗足池』の名前は、日蓮宗の日蓮上人が身延山から池上の館を訪れる途中、この池に立ち寄って足を洗った事が由来だそうです。
江戸時代には、歌川広重の浮世絵「名所江戸百景」にも描かれているので、とても美しい池ということが分かりますね。

洗足池から見える町並み

洗足池から見える町並み

また、歴史が好きな方は散策しながら様々の発見があると思います。
公園には、明治維新の後に晩年を暮らした勝海舟の夫妻の墓があり、また西郷隆盛もここを訪れていますので、明治維新にかかわった重要人物たちがこの池で何を考え、何を思ったのか・・・なんてことに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

洗足池の西のほとりには千束八幡神社が鎮座してて、境内には宇治川の先陣争いに登場する名馬「池月」の像が置かれています。
源頼朝が鎌倉出陣の際に突然現れたと伝承され、この池月のおかげで士気が高まったことから、この神社は別名「旗揚げ八幡」とも呼ばれています。

秋の洗足池

秋の洗足池

平日週末を問わず、洗足池と公園は人気スポットです。
特に週末はご家族で足を延ばす方々が多いですね。
落ち着いた雰囲気に加えて掃除が行き届いており、お子様と足を運んで心配ないですからね。

洗足池を一周できるボートは二人乗、四人乗り、大きなスワンボートもあり、カップルやお子様連れにはうれしい限り。
餌を欲しがって寄ってくる合鴨とか鯉とかとの遭遇も楽しめます。
池の一帯では沢山の野鳥も観察できるそうで、カワセミやムクドリ、驚くのは田舎でもあまり見ることがなくなったメジロまで観察できることがあるとか。

洗足池の桜

洗足池の桜

毎年、桜のシーズンには沢山の人出で賑わい、秋には大きな池のまわりをぐるりと散歩しながら色鮮やかな紅葉を楽しめる洗足池。
どっか行きたい、でも遠出はムリ・・・なんて時にはちょうど良いと思います。一度いらしてみてくださいね!